新潟交通では、路線バスにおきまして「時間通りに走る」取り組みを進めております。

  公道を走行する中で、毎日同じ運行時間を確保することは容易ではありませんが、「バス停で待っていてもなかなか時間通りにバスが

  来ない・・・」といった声にお応えし、状況を改善するため、平成24年3月16日、バス停の時間通りに運行するダイヤづくりを目指した

  ダイヤ改正を実施。各路線の運行時間を見直しました。

  日々のバス運行にあたりましては、運転席付近に設定時間を確認できる車載機器を設置。運転士は時間を確認しながら、時間通りの

  運行に努めております。

  天候、曜日、季節等により道路環境は変わることから、決められた発車時間までバス停で停車しながら運行を継続してまいりました。

  ご利用中のお客様にはご理解を賜り感謝申し上げます。

  運行時間の短縮という観点におきましては、「りゅーと」の利用普及ならびにSuica等、交通ICカードがご利用いただけるようになり(平成25年

  3月)、運賃精算時間が短縮されました。

  こうしたお客様のご利用環境の変化を踏まえますと共に、運行データの検証を重ね、これまでダイヤ改正の折に設定時刻の見直しを図って

  まいりました。

  平成26年からの取り組みとして、運行データと設定時刻に大きく差が出る冬期間は「冬ダイヤ」を設定し、運行いたしております。

  より身近な乗り物として、皆さまからバスをご利用いただけますよう、恒常的に運行が停滞する区間はドライブレコーダーの活用等、道路

  管理者・交通管理者と協議を進め、事態解消に向けた働きかけを行ってまいりますと共に、運転士全体の運転技術の向上に努め、更なる

  改善に向け取り組んでまいります。

  各路線ごとの定時運行状況を1ヵ月単位で集計し、こちらのページでお知らせいたします。

  ■情報公開する路線バスデータは、今後のダイヤ改正や路線再編における基礎データとして使用いたします。

  ■1ヵ月単位の集計は、毎月10日頃に前々月のデータを公開する予定です。